東京近海の魚介類を扱うレストランの丼ぶりが美味

tokyo18海がない県に住んでいる私は、北上もしくは南下して海鮮丼を堪能することを密かな楽しみにしています。とりあえず海がある土地に赴けば、多かれ少なかれ海鮮丼を提供してくれるレストランが見つかるからです。地元にも同じような店舗はありますが、地産地消をモットーにしている場所で楽しみたいと考えています。これまでに訪れた中で最も海鮮丼が美味しかったのは、東京のレストランです。最初は遊園地で遊ぶことを目的に訪れましたが、ふと海鮮丼のことを思い出してレストランを探し始めました。すると、目と鼻の先の距離に一件だけあったのです。

日本家屋によくあるスライド式のドアが印象的な店舗で、中に入ると魚拓や大漁旗が飾られていました。店長と思しき男性が爽やかな声で挨拶してくれたので、料理の美味しさも期待できると思いました。私は迷わず海鮮丼を注文することになります。数分で提供された海鮮丼には、赤身魚だけではなくイクラやウニも乗っていました。東京のレストランなので値段が気になりましたが、それほど高くはありません。むしろ、他の地域よりも安いと思えるほどリーズナブルでした。贅沢な海鮮丼を堪能することができ、すっかりお店のファンになりました。