愛車の中古車の査定は愛着がある分期待します

中古車販売以前、新車を購入するため、中古車の査定を依頼しました。走行距離や、車体の具合などで、評価査定されるのだけど、愛着が大きければ大きいほど、査定額との差額に愕然としました。
中古車の査定は、その車の状態だけでなく、市場での所要やニーズ、在庫数などで大きく変わるようです。一般的に軽自動車は、ニーズがあり、求めている人が多いので、査定額は、高額で推移しているようですね。それとは反対に普通車の査定額はかなりのばらつきが目立ちます。たとえで言えば、400万で普通者を新車で購入し、10万キロで査定に出すと60万になるか位です。それに比べて、250万の軽自動車を新車で購入し、10万キロで査定に出すと120万位で査定額が提示されます。
中古車を査定に出す事を前提に考えると、軽自動車を購入したほうが、メリットは大きいのかも知れませんね。あとは、どれだけ綺麗に乗っているか、事故を起こさないか、内側も外側も綺麗に大事に乗る事が、査定にいい影響を導くと思います。