労災保険の加入は確認しておきましょう

従業員として働く場合、その会社がきちんと社会保険に入っているかどうかは重要な問題です。
加入が義務になっているとはいえ、すべての会社がそれを守っているかというと、残念ながらそうではありません。

従業員のメリットになるにも関わらず、費用の負担を逃れるため加入していない事業所もあるのです。
社会保険は、雇用保険と労災保険のいわゆる労働保険に健康保険と厚生年金などを指しますが、このうち労災保険は事業主のみが保険料を負担し、従業員の側はまったく保険料を負担しなくても良いのです。
ですから、従業員側にメリットが大きい保険と言えます。
就業中の事故などの災害はもちろん、通勤途上での事故も対象に含まれています。
ですから、例えばオフィスでの事務作業のように、あまり事故とは無縁に思えるような場合でも、通勤途上では何が起きるかわかりません。
入っているに越したことは無いことがわかると思います。
誰もが自分が実際に事故に遭うとは思っていないでしょう。
ですが、いざ自分の身に降りかかってくると、労災保険があって良かったと思うはずです。
もし、自分の会社がきちんと保険にはいっているかどうか不安であるならば、念のために確認しておくほうが無難です。