介護タクシーを利用してみて

年に数回程度介護タクシーを使っています。
タクシー会社によって、利用料金はさまざまです。

最近は個人タクシーも増え、大手のタクシー会社に比べると利用料金が安いのが魅力です。
介護タクシーは車椅子が乗せられるタイプや、ストレッチャーが乗るタイプなどいくつか種類があるようです。

以前、職場の同僚が自家用車を介護用にした車に乗っている人がいました。
介護者の利用が多ければ、自家用車を介護用にしたほうが便利かもしれません。

介護タクシーはあらかじめ予約をしておいたほうが、安心ですし、利用しやすいです。
ほとんどが病院の行き来のために介護タクシーを利用していますが、多くの介護タクシーを見かけます。

業者もかなりあり、年々需要が増えている分、タクシー業者も増えているようです。
運転手はほとんどが若い男性が多く、福祉に従事する若い男性が増えてきていると感じます。

福祉業界は仕事が大変にも関わらず、それほど収入が多くないようです。
その為、人材不足で悩んでいるところもあるようです。

介護タクシーの利用は今後さらに増えていくので、多くの従事者が必要になっていくと思われます。
仕事に見合った収入が得られるように制度を改善していく必要があると思います。