樹木葬について

私は一人っ子で、両親はもう居ません。お墓も自宅から遠いので中々お参り出来ません。ですから、私が死んだ後あのお墓はどうなるのだろうと考える事が最近増えてきました。私は主人の墓に入るだろうし、私の子供達も祖父母の墓までは面倒見切れないと思います。それに今では墓を建てる土地も少なくなってきていると良く聞きます。

インターネットでお墓参りするとか、マンションの様にコンクリートの中にぎっしりあって親の遺骨が入った墓がエレベーターの様な物で降りてくる、とか色んな工夫がされていますが、樹木葬もその一つなのだと思います。賛否両論あるようですが、私は知らない人との樹木葬でも良いと思います。毎日とは言いませんが、自分の身内だけでなく誰かしらお参りに来てくれる事が嬉しいと思うし、しょっちゅういけない人も、どなたかがお参りしてくれると言う安心感みたいなのもあるのではないでしょうか。高齢化社会になって子供達も少なくなって無縁仏になるお墓も増えてくる事と思います。
時代の流れに応じて、樹木葬みたいなやり方も考えて行かないといけないと考えます。自分は死んだ後どうなるか判りませんが、墓参りなどは残された人達の心を少しでも癒す為にあるのだと考えると、コンクリートの中にぎっしりと入っているお墓を前に参るより、自然の中でお参りする方が亡くなった方も安らかに眠れるのではないでしょうか。