母親の遺品整理を親戚の人達としたお話

私は、私が高校一年生だった頃に母親は病気で亡くなりました。母親は、49歳とまだ若い頃に亡くなりました。母親はとても社交的な人で、20代から30代後半まで私が生産んでくれるまでは、ずっと美容部員の仕事をしていました。美容部員の仕事は接客業なので、やはり社交的な人じゃないとなかなか続けることが出来ないと思います。

若い頃に美容部員をしていた母親の遺品整理をした時は、洋服や下着やバックやアクセサリーや靴など、母親が着用していた衣料品はどれもお洒落なものばかりでした。母親が亡くなってから1年後に、父親が中古の一軒家を買いました。そして私と父親は、その父親が買った中古の一軒家に引っ越しをすることになりました。その中古の一軒家に引っ越しをする時に、私と私の祖母と親戚のおばさんで母親の遺品を整理しました。母親の遺品整理は、捨てるものがそんなになくて、捨てたものは母親の普段着と下着くらいでした。後の母親の遺品は、洋服とバッグと靴は私や私の祖母や親戚のおばさんで分けました。母親の遺品の洋服やバッグや靴は、まだまだ使えるものが沢山あったので、私や私の祖母や親戚のおばさんで分けることが出来て良かったなと思いました。そしてアクセサリーは、実家で保管することにしました。