一般的な給湯器に関することとして

給湯器と一言でいってもいろいろとタイプがあります。タイマーなども含めて、多機能である事もありますが、給湯機能のみを持つ単機能の給湯器がもっとも安いですし、構造自体がシンプルになりますから、ある意味で安心して使えるようになります。燃焼系を持つ場合は、さすがに屋外に設置されることが殆どです。

何故かといいますと酸素の問題があるからです。瞬間式が最も一般的になっているのですが貯湯式というのもあります。貯湯式というのは、大きなタンクを併設したりする必要性がありますから、どうしても手間がかかる事になりますし、スペースもかかります。そして何より高価でもあります。ですが、一気に大量のお湯が必要になる場面がある場合ではこちらのほうが有利、ということがありますから大きな施設などではメインになっている状態と言えます。最近では多機能な給湯器もそれなりに増えているのですが実際問題として家庭用のものでそこまで多機能である必要性があるのか、と言うのは疑問視される事になりますから基本的には普通に給湯ができるのであればそれでよい、ということで商品を選ぶとよいでしょう。大きさなども含めて検討する事によって失敗する事はなくなります。