社会保険労務士はどんな仕事をしているのか

企業にとって人と物と金というのは構成要素の三つと言われているわけですがその中でヒトに特化しているのが社会保険労務士ということになります。労働とヒトということに関しての高い専門性のある知識を持っていたりするということになります。年金関係でお世話になったことがあるという人も多いでしょう。

企業からの依頼によって、従業員に対する事務処理を色々と行うことができるようになっています。給料計算や労働災害社会保険に関することや労働保険の申請やその事務手続きなどを行うことができるようになります。社会保険料を算定するための基礎届などの作成なども行うことがあります。主にそうした仕事をすることになります。割と他の資格などと組み合わせて比較的に社会保険労務士として活躍している人というのもいたりしてわりとその一つの資格のみならず複数の資格と合わせることによって色々なタイプの仕事に繋げるということができたりする場合があるのも良い点と言えるでしょう。当たり前ではありますが、この資格は結構、難関でもあります。試験は主に8月の第4日曜日に実施されることになっています。昔は国が直轄でやっていましたが平成12年度以降は厚生労働大臣の委託を受けて全国社会保険労務士会連合会が試験を実施しています。