レーザー加工とは~製造にもたらす様々なメリット~

レーザー加工とは金属をはじめ様々な素材をレーザーによって加工していくことです。加工と言っても様々なものがあり、単純なカットから繊細な彫刻、しるしをつけるマーキングなどあらゆることが可能です。しかも、近年は非常に操作が簡単になってきており、レーザー加工機の利用はあたかもプリンターで印刷するような感覚になってきています。

そんなレーザー加工のメリットを紹介します。そのメリットは細かな作業に向いていること、周囲の変形が少ない事、複数の素材を同時に加工できるということなどです。細かな作業に向いているという点はレーザーは光線なので、工具で直接彫り込みを入れたり、裁断機でカットしたりするよりもはるかに繊細な作業ができます。そのため光を集める焦点(スポット)を絞れば絞るほど細かくできますし、出力も調整できるためミクロンオーダーと呼ばれる非常に細かい作業依頼にも応えることができます。2つ目はレーザーは出力を絞ることができるので、周りに影響を与えません。工具で直に削ると周囲もわずかに削れるということがありますが、そういったことが非常に少なく、加工中の割れ(クラック)も少ないです。最後に複数の素材を同時に加工できるという点です。例えば表面はガラスでも底面はセラミックというような素材でも工具を変えずに同時加工が可能なのです。このように多くメリットがあるのがレーザー加工の強みです