ウィングボディは活躍しています

ウィングボディというのを知っているでしょうか。荷室の側面全体が鳥の羽のように広がるタイプのものであり、翼のように広がるからこそウイングボディと呼ばれることになります。箱者とかフルオープンバンと呼ばれることもあります。荷物の積み下ろしが簡単に出来るようになりますので極めてトラックとして効率的に利用するということができたりします。

ライブなどで使われることもあります。従来のものでは荷台の後ろに扉があるということになりますので2室の奥にまで荷物を積み込むことをしてしまった時にどちらを先に降ろしたいというときなどがあったりすると、非常に難しいことがありました。しかし、ウイングボディであれば、好きなところからおろすということができるようになります。但し、それなりに広いところで、というのが条件になります。広くないと特にいえるのはウイングボディは広くことが難しいということになりますから、その点は注意しておきましょう。特にウイングボディは高さが必要になるということがありますのでその点を確認しておきましょう。但し、さすがにぶつかったりしますと自動で開閉がとまるようになっていたりしますから、心配はいらないです。