葬式のお金などは相続の課税対象から控除できる

相続税とは当然ですが支払う必要性があるものではありますが、それは金額によっても違うことになります。相続財産から課税されるということになるわけですが、財産によっては控除されるものというのもありますし、その財産自体から差し引いて考えることができるようなものもあったりしますから、一概に額面通りに課税がされるわけではない、というのも相続の難しい点であるといえるでしょう。

例えば基礎控除というのはありますし、あるいは相続全体として葬式の費用なども控除額に入れるということができるようになっています。相続をする人が大抵は葬式をすることになるでしょうから、その部分を差し引いて最終的にいくら相続したのかというのが判断されるわけです。ちなみに相続財産の控除として認められないものというのも葬式のコストにはあったりします。香典返しや墓石の購入初七日の法要の費用というのは駄目です。あくまで葬式辞退に必要なものというわけでもなかったりするので相続税の控除額に認められないということになっていますのでその点だけは注意しておいた方が良い部分となるわけです。それは間違いなく注意点としてある部分です。相続のときには配慮しておきましょう。