意外と知らない発泡スチロールの捨て方

家電や家具など、大きなものを購入した時に段ボールの中に入っている発泡スチロールは自宅でなかなか処分をすることができません。
家具などは業者が配送してくれた時に持ち帰ってくれるケースもありますが、家電など持ち帰りができるものは自分で処分をする必要があります。
どこに捨てるのか、どうやって処分すれば良いのか知らない人も多いと思いますので、処分の方法について紹介します。

まず最初は、自分が住んでいる地域の自治体で処分をする方法があります。近くにもっていくだけで、お金がかからないので最も手軽な方法だと思います。
しかし、住んでいる地域、自治体によって出し方が異なるので、間違った方法で処分をしてしまって迷惑のかからないように事前に確認することをお勧めします。
確認は市役所や区役所の環境課などに問い合わせをすれば教えてくれます。
近くにスーパーがある場合は、回収ボックスでも処分することができます。発泡スチロールは食品トレーの仲間でもあるので、買い物の付いでにもっていけるので効率よく処分することができます。しかし、すべてのスーパーに回収ボックスがあるわけではないので、こちらも事前に確認、下見をしておきましょう。捨てる時は、汚れを落としてすてるようにしましょう。また、料金がかかりますが、大きくて持ち運べないものや近くに捨てる場所がない場合は不用品回収業者に依頼するのもひとつの方法です。