障害年金はとても重要なものになります

障害年金とは当たり前ですが障害を負ってしまったときに貰うことができる年金になります。そしてさらには障害厚生年金に該当する状態よりは軽いが、障害が残ったときは障害手当金という一時金が貰える制度でもあります。働くことができないような状況の人に対しての年金というようなイメージがあるかもしれませんが実際にはそういうわけでもなく働きながら受給するというような状況の人もいたりします。

しかしながら等級によっても違うことになります。例えば障害厚生年金3級であれば、労働をする事に制限があってしまうかあるいは制限を必要とする程度の障害ということが想定されているので、絶対にできないような状況ということが想定されているわけではなく、障害者年金3級であれば働きながら受けることができるというようなことになります。逆をいいますと働かずとも障害年金だけで食べていけるほど支給されるというわけではないとも言えます。ちなみに障害厚生年金であれば、初診日に厚生年金に加入していることが条件となります。これが意外とネックとなってしまう、という人も多いです。とにかくまずは役所にいってみてもらえるのかどうか、というのを聞いてみましょう。