SEO対策する上で気をつけたほうがよいこと

クラウドワークスでライティングされている方においては「SEO」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
SEOとは「最適エンジン最適化」のことを指し、インターネット(Yahoo,Google)で検索したときに上位に表示されやすくするための対策となります。
つまり、SEO対策をすることで検索上位に現れ、見てもらいやすくなるということです。

ここで、SEO対策に関して注意したほうがよいこととしては、タイトルの文字数をあまり長くしないことになります。
Googleではタイトルを28文字以上、Yahooでは32文字以上にするとそれを超えた残りのタイトルは表示されなくなってしまうからです。そうなってしまうと検索にひっかからなくなります。

また、検索されるためのターゲットも考える必要があります。検索側としては調べたい言葉(テレワーク、副業 など)を最初に入れて検索することが多いです。そのため、SEO対策としてはタイトルで対象にしたいキーワードを最初にもってくるように工夫すべきなんです。
ここで、昔はコンテンツ文章の長いものがSEOの上位に現れやすいようになっていたのですが、最近では文章が長くなくても上位に現れやすくなりました。
今の流れだと、最初に結論を話して、次の項目から詳細を伝え、最後にまとめる書き方の方が上位になりやすいです。

ライティングを通じて自分自身の考えを発信して、たくさんの人に広めるためにも、SEO対策はしっかりしたほうがよいでしょう。