趣味のDIYで木製家具を製作!その木くずの処分方法は?

老若男女問わず広がりを見せるDIY。
材料と場所さえ確保できれば、初心者でも気軽に楽しめるのもあって
ステイホーム期間中に挑戦した人も多かったようですね。

木材をノコギリでカットし、組み立て、色を塗っていく…。
そうして、自分好みの机や椅子、はたまた本棚なんかが完成した時の達成感は格別。
多少のアンバランスさがあっても、作品に対する愛着は人一倍湧くというものです。

ところで、DIYで出た木くずの処分は、どうしたらよいでしょうか。

「ふつうに燃えるゴミに出せばいいんじゃないの?」

たしかに、家具屋や建設業を営んでいるわけでなし。
個人の趣味で作った木製家具の木くずなのだから、他の紙くずや商品のパッケージと
同様に燃えるゴミとして出してしまいたいですよね。実際大半はそれで問題ないようです。

ただし、燃えるゴミで済まないケースもあるのが厄介なところ。
ゴミの分別や処理方法は自治体によって異なる為、木くずも「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の
どちらで取り扱うかは、自治体によるわけですね。

というわけで、木くずを処分する際には事前に確認するようにしましょう。
家庭で出た木くずや生木を処分してくれる民間サービスもありますので
そちらを検討するのもアリですよ。