観葉植物カラジウムのトラブル解決

観葉植物観葉植物カラジウムを冬の間、鉢の中に保存しておいた球根を植えつけたい。観葉植物カラジウムの鉢土を抜き、古い土を落として球根を掘り出す。球根が大きくて芽がたくさん出ていれば分球し、切り囗に殺菌剤(ペンレートなど)を塗っておく。
観葉植物カラジウムの球根の大きさに応じて5号鉢に1~3球を、表土から1~2cm下に植えつけ、鉢土が乾かないように水やりする。葉が開いてきたら水やりの回数をふやしていく。観葉植物カラジウム葉の色か悪いか、どうしたらよいか?温度不足と日光不足が原因。5月ごろ購入した株は、温度不足によって斑のない葉が多くなることがある。
できるだけ温度の高い場所に置く。6月以降に購入した場合は、気温が十分なので問題はない。日光不足の場合も、徐々に強い日光に慣らす。観葉植物カラジウムの葉柄か伸びすぎて折れてしまう。日光不足だと葉柄が伸びすぎ折れやすい。徐々に 1日光に当てるようにすれば、新しい葉は折れなくなる。